まず「五行論」について

五行論とは天地万物の全ての物は突き詰めれば木・火・土・金・水の
5つに分類されるという考え方です。

 

五行の流れは下記のとおりです。

 

木→火→土→金→水

 

そして

 

五行には「相生」と「相剋」という関係があります。

 

◆「相生」とは助ける関係です。

 

「木」の相生の相手は「火」

「火」の相生の相手は「土」

「土」の相生の相手は「金」

「金」の相生の相手は「水」

「水」の相生の相手は「木」

 

◆「相剋」とは攻撃・抑制する関係です。

 

「木」の剋する相手は「土」

「火」の剋する相手は「金」

「土」の剋する相手は「水」

「金」の剋する相手は「木」

「水」の剋する相手は「火」

 

五行では身体のことや運のバランスなどを
見ることが出来ます。

 

そして

 

相手との相性・関係性を見ていくことも出来ます。

 

図を見て頂ければわかりますが

 

 

 

 

 

赤い矢印の関係=相生の関係

相生とは助ける関係なので

パートナーとしてはベストな関係になれます。

 

反対に緑の矢印の関係=相剋の関係

相剋とは攻撃・抑制する関係なので

少々きつい相手になってしまいます。

 

 

 

 

For an application

お申し込みはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-531-4748

営業時間:9:00~21:00
定休日:日曜・祝日